とにかくスペイン語圏文化に関してのおもしろネタ満載を目指しています!


by arejando
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日やっと行ってきましたよ。

スペイン語の表記はないのは残念!!
a0026779_22505011.jpg


私はまったく企業パビリオンは興味なし!
企業パビリオンはいかに日本はハイテクな国であるかを示しているだけだと思いますね。ハイテクな日本はまわりにいっぱいあるからわざわ見る気がしません。


ちょうどドミニカ共和国のナショナル・ディということで、副大統領の挨拶や楽しいメレンゲのバイレがありました。
a0026779_23265872.jpg



やっぱりスペイン語圏のパビリオン訪問ですよね。

スペイン館
a0026779_22552885.jpg



これは入り口にありました。
ここにスペイン人男性が日本語で「入場まで10分ほどおまちください」と言っていたので

hola Habras japones muy bien と話かけたら Gracias と答えました。

すこしスペインのどこの出身かとかたずね握手して いつかスペインに行きたいと

言ったら 来てほしいと言っていました。


a0026779_2394413.jpg


レアル・マドリードに贈られた20世紀最優秀チームのトロフィ。


アルゼンチン館

a0026779_23293229.jpg

ここでも美人の案内嬢と、アルゼンチンに関してのアンケートに答えながらすこし話しました。

もちろんタンゴショーも見てきましたよ。

アンデス館

a0026779_2365979.jpg

ここはこのようなパネル展示が多くてちょっとがっかり。

キューバ館

ここには小さなバールがあって、キューバ人のバーテンがいます。スペイン語でビールありますかとたずね、結局ラム酒のカクテルを頼みました。

a0026779_23225290.jpg



メキシコ館

デジカメのバッテリーがなくなってしまい 写真が写つすことができませんでした。



疲れたぁ!!!脚が棒になりました。でも、スペイン語圏の文化や自然などがますます知れてとてもよかったぁ。またスペインやラテンアメリカの人と私のつたないスペイン語で話がなんとかできたのはうれしいいい!!

全期間入場券に切り替えたのでまた行こうっと!!
[PR]
by arejando | 2005-05-26 23:30 | 万博
「封筒の裏に納期内完納にご協力ください」とあって

英語は Please make sure to pay your taxes by the deadline!

ポルトガル語では

Favor pagar o imposto até a date de vencimento!!

とありました。

在日外国人の多さから言えば、韓国語があってもいいような気もしますが・・・・
ポルトガル語圏の人は払わないと思っているのですかねぇ


さてスペイン語ではどうなるのでしょうか??
Page hasta la fecha de impuestos por favor!かな? 
どなたか添削お願いします!!!
[PR]
by arejando | 2005-05-13 19:41 | スペイン語
下はこのセクシーな女性ボーカリストの写真です。サルタ・マンチェスです。

a0026779_19544411.jpg


このラ・カンタンテを知ったのは、この正月TVEで、新春パーティ形式の音楽番組があり、これを見ていてなんとソウルフルなスパニシュの歌手だと驚嘆したのが彼女なのです。まさにスパニシュ・ソウルというのでしょうか、スペイン版ホィトニー・ヒューストンのような気がして、思わずアマゾンで検索し入手したのが「パーフェクト・ストレンジャー」という国内版CDです。 いいですねぇ。このノリは!!!お勧めです!!!!!
[PR]
by arejando | 2005-05-05 22:08 | 音楽
 この映画ほど、さまざまなことを考えさせられた作品はありません。

 同世代であるラモンという人生を見て、自分の今までのことが、思い出されました。ほろ苦い若いときのこと。何か毎日が満たされない今のこと。不幸がつぎつぎと襲う私の家族のこと。などなど...

 さらに、個人的なことを言えば、私の父親のことが思い出されました。父もこの映画の主人公のように、ベッドの上で6年間寝たきりでした。しかも右足が切断されたまま。腹部大動脈瘤破裂のため、8時間もの人工血管移植という大手術により、命は助かったものの、数ヵ月後右足が血行障害で壊死になり、切断せざるをえなくなったのです。右足がなくなったあと、父はそれを見て、泣きました。付き添っていた母親も私も、悲しくて、涙がとめどもなくあふれてきました。その日のことがこの映画を見て、映画館の暗闇のなかすぅーと涙が出るのを禁じ得ませんでした。


今日はここまでです。

もっとこの「映画」を語りたいです。

a0026779_025055.jpg

[PR]
by arejando | 2005-05-03 23:35 | 映画